ori an TでオリジナルTシャツを作ろう!

YES!オリジナルTシャツ

ori an T TOP>ステンシル

ステンシル

ステンシルって聞いた事があるでしょうか?型紙を使って文字や図柄と言った物を目標物に付けて行く方法です。この方法は、とても簡単ですが、結構技術がいる方法でもあります。難しいというよりは、考え方を知っておけば良いでしょう。そうすれば失敗も無く良いものができあがります。そんなステンシルの方法を見ていきましょう。

ステンシルで準備する物

カット出来る紙やプラ版を準備します。そしてそれをカットするためのカッターナイフやデザインカッター、スプレーのり、スプレーやペンキ(好きな色を準備しておく)そして、工作をする時の必需品、ハサミ、のり、マスキングテープ、定規と言った物を準備しておきましょう。手を汚したくない人は手袋も忘れずに。

作る

最初に原稿を作ります。これは何でも良いです。しかしポイントとしてはあまり複雑過ぎる物は、初心者がカットするには結構大変な作業になりますので、直線の多い文字や簡単な図柄から始めると良いでしょう。

それをコピー機で画質が荒くなるまでひたすらコピーするか、パソコンに取り込んで、モノクロの状態にします。

アイデアを出します

上の画像は何も無いですが、ここから始まります。一つ注意しておく事は、ステンシルでカットする物は、一つの用紙で一色の物という事です。何色も使うのに、一枚の用紙で作ってしまうと、不思議な色のデザインになってしまう可能性があります。それでもいい人はかまわずにカットします。それが嫌な人は色の数だけ、用紙をカットしましょう。

文字などを入れていきます

ここでは、シンプルに文字だけのデザインにしてみたいと思います。

サイトの名前をデザインにしました。

上でデザインした文字をプリントアウトして厚紙や段ボールなどにハリ付けます。この時、用紙がもったいないからとギリギリにしないで、ある程度の余裕を持たせておきましょう。そうする事によって、スプレーしたときに、デザインの部分以外にインクが飛び散らないので、綺麗に作る事が出来ます。デザインをハリ付けたら、カッターでカットして行きます。ここでエッジを出したり綺麗にカットすることで仕上がりが多きく変わってきますので、慎重にそして大胆なライン取りをしながら、カットしていきましょう。

カットの時に気を付けたいことは、ステンシル独特の考え方ですが、文字がどこか繋がって以内といけないと言うことです。画像を見てもらうとわかる通り、ステンシル独特の縦のラインが入っています。これはカットした時に文字の中が抜けてしまうのを防ぐ為なのです。これをしておかないと、想像している物とは違う仕上がりになってしまう場合がありますので気を付けましょう。しかしこの予想外の展開もオリジナルならではなので、この失敗をわざと楽しむと言う方法もありです。

反転してカットします

カットが済んだら、忘れている場所が無いかの確認をして、Tシャツをセットします。そしてプリントしたい場所にカットしたステンシルシートを置いてスプレーでインクを吹き付けます。これでオリジナルTシャツの完成です。

おすすめWEBサイト 5選