ori an TでオリジナルTシャツを作ろう!

YES!オリジナルTシャツ

ori an T TOP>洗濯

洗濯

お気に入りのTシャツや を何度も洗濯していると、首の部分がよれよれになってきたり、くたびれてきてしまうというTシャツを愛する者にとって最悪のことがあります。このTシャツヨレヨレ現象の最大の原因というのは、洗濯物を干す時のハンガーとTシャツとの関係であったり洗濯機のなかでの衣類の摩擦が原因とも言われていますが、洗濯しなければお気に入りのTシャツを着ることが出来ないので、ヨレヨレになるかそれとも汚れたままで着るかの二択になってしまいます。どっちも嫌ですね。そこでTシャツを長持ちさせる洗濯の方法が無いかを調べてみました。

洗濯方法

洗濯する方法としては、やはり普通に入れてしまうと、今まで通りのヨレヨレTができあがってしまうので、洗濯用のネットなどに入れてから洗濯機に入れるという方法があります。こうする事によって他の衣類との摩擦を減少させTシャツをヨレヨレにさせないばかりか布自体へのダメージも防いでくれるのです。これを続ける事によって、何回も洗濯したときに大きな違いが出てくるのです。一回一回は面倒かもしれませんが、お気に入りのTシャツへのダメージと比べればこんなのは面倒の内には入りません。ネットを使って洗濯しましょう。

そして、これはついついやってしまいがちなパターンですが、何でも一緒に洗わないという事もアドバイスしておきましょう。これは特に白Tシャツを襲うあの色うつりを防ぐ為でもあります。多くの方が色物と一緒に白Tを洗って、絶妙に着ることが出来ないようなカラーのオリジナルTシャツを作ってしまった事があると思います。正直言って洗濯が終わって干すタイミングで発見した時は非常にショックが大きいです。しかもそれがお気に入りのTシャツだった場合には、この怒りを何処にぶつけて良いのかわかりません。そういった事を防ぐ為にも色物は白っぽいものとは一緒に洗わない様にしましょう。

また首の部分を輪ゴムで縛ってから洗うと首の所に他の衣類が絡まないので、ヨレヨレになるのを防いでくれます。また首がヨレヨレにならないつながりで、洗濯物を干す時にも気を付けたい事があります。それはハンガーを使って洗濯物を干す時に首部分をハンガーに掛けて干す人がほとんどだと思いますが、それをすると首の所がTシャツの重みによって伸びてしまうことがあります。これを防ぐには、逆さまにして洗濯ばさみを使って干したり(この方法も選択ばさみの所だけ伸びてしまう可能性あり)、ハンガーにTシャツを折り曲げる形で干すようにしたりと言った方法があります。

そしてTシャツのプリント部分がダメージを受けてしまわないように裏返して洗濯することで直接的なダメージを防いでくれて、プリント部分の劣化を遅らせる事も出来るかと思います。

まあ、Tシャツは元々は下着ですし、そんなにきっちりとしていなくても、首の部分がヨレヨレでしわくちゃの方が良いという人もいます。プリント部分が剥がれてきて良い感じになる場合もあります。これは個人の好みでもありますので、洗濯にそこまでこだわる必要も無いかもしれませんが、長持ちさせる方法を知っていれば、自分の思い通りのダメージTシャツを作る事もできるかと思いますので一応知っておくと良いでしょう。

Favorite


診療報酬のファクタリング